• FOR RECRUITERS

採用コラムバックナンバー|採用コラム|人材紹介会社|人材紹介の転職エージェント・ヘッドハンティングのクライス&カンパニー

バックナンバーはこちら

バックナンバー

Vol.80 「ネット転職」で軽薄化する候補者に気を付けろ!
先日、私が行きつけにしている和食店が「一見さんお断り」になりました。
ここは高級料亭と同じ水準の料理を半額以下で出す、グルメには有名なお店です。
 
積極的に宣伝してはいませんが、いまは勝手にネットの口コミサイトに掲載されてしまいます。
そこから予約がたくさん入るようになったのはよいのですが、そうしたお客はドタキャン率が非常に高く、
しかも連絡先に連絡しても電話口に出てこない。
あてにならない予約客のために常連客も入りにくくなる。
 
そんな出来事が積み重なった結果、ご主人の堪忍袋の緒が切れて
「もう知り合いしか入れない!」となったのです。
 
これと似たような事態がネットを通じた採用活動でも生じるようになっています。
高額の料金を支払って求人情報サイトに募集広告を出稿したものの、応募者は集まっても
自社の採用基準には程遠い水準の人が多く、せっかく面接のアポを設定しても
ドタキャンされることがしばしばあるのです。
 
新卒採用で大企業がエントリー制限を行うのも、こうした事情があります。
 
ネットの普及は人々の生活を便利にした反面、手軽にアクションをとれることが
軽薄で無責任な行動を誘発しているのかもしれません。
そうした無責任な人たちがたくさん応募してくるうちに慣れてしまい、
以前このコラムで触れた採用側の「目が曇る」現象が生じると、採用の失敗を起こす可能性も高くなります。
 
もちろんネットを介して応募してくる人たちが全員ダメというわけではありません。
合格水準にまったく達していない人たちから大量に応募があったり、
無責任な行動をとる人たちが少なからず紛れ込んでいたりするので注意が必要だということです。
 
また、同じネットでも自社サイト内の求人に直接応募してくる人は、
よい人材の割合が比較的高い傾向があります。
ところが企業のサイトを確認すると採用ページをきちんとつくっていないところが目立ち、非常にもったいないと思います。
 
少し前にお客様から求人のご依頼があったとき、その場で企業サイトの求人ページを拝見したところ、
やはり中身の乏しい内容になっていました。
 
「これでは自社サイトからの応募がないでしょう。まず求人ページをしっかりつくり、アップしてから
当社にオーダーを出したほうがよいですよ」
 
そうアドバイスしたところ、後日連絡がありました。
 
「アドバイス通り求人ページをつくったら、とてもよい人が採用できました!」
 
 
我々にとっては良かったのか悪かったのかわからない結果になりましたが、
自社サイトの求人ページの充実は有効であると再確認した出来事でした。

※このコラムはお客様向けに毎月配信しているメールでご紹介している内容をそのまま掲載しております。

<< 前へ    |    一覧    |    次へ >>

バックナンバーはこちら

―

お問い合わせ・サポートのお申込みはこちらへ

サービスに関するお問い合わせ、または採用サポートサービスへのお申込み

お電話でのお問い合わせ

株式会社クライス&カンパニー

tel.03-5733-1602

営業時間 9:30~17:30(土日祝祭日及び弊社休業日を除く)

オンライン

  • 採用サポート

CONTACT INFORMATION

  • お問い合わせフォーム
  • tel.03-5733-1602
  • 東京都港区東新橋2-4-1サンマリーノ汐留2F
  • 会社概要はこちらから